その味や食感が様々な料理に使われてい

その味や食感が様々な料理に使われているクリーミーな味わいが持ち味のアボカドは、葉酸というビタミンが豊富な食材です。人体を維持するために、葉酸がたくさんの重要な役目を果たしています。鉄分とともに摂取することで貧血を防止する、その他、子供がお腹の中にいる間、子供に栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、生涯にわたって必要な栄養素です。


妊活をしている時は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。

野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。

また、身体を冷やす作用のあるものは、きゅうりやなす、トマトといった夏に収穫される野菜類です。



フルーツはデザートとして少しだけ摂るのはいいですが、スムージなどで大量に飲むとやはり体を冷やすのであたたかい飲み物がベターです。
とりわけ妊娠初期に強化したいと言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。
葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというとその名の通り、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いのです。


加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。
葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、毎日、少しずつでも積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。
果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いのでおやつならイチゴが良いでしょう。


妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることは多くの人が知っていますが、それだけでなく妊娠後期に入っても葉酸こそ、子供と母体の両方に重要な役割を果たしています。
葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体の貧血や妊娠中毒症のリスクも下がります。そのため、妊娠初期を過ぎても、可能であれば出産後、授乳中まで葉酸を強化して摂っていければベストです。妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。

カフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、冷えが厳禁の妊活においては避けてた方が良いというのは、その通りでしょう。けれども、コーヒー好きで控えると逆にイライラするという場合は、結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日2杯から3杯を上限に飲んだ方が健康的だと言えます。


少子化が深刻化するにつれて、中にはいわゆる「産み分け」を意識する夫婦も増えつつあるようです。しかし、日本の医学の現状では、男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。

そういった現状を分かった上でそれにもかかわらず、チャレンジしたいのならば、確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の全身の血行促進が重要なこととして挙げられます。身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰痛、肩こり、冷え性、不妊なども血液循環が原因とされているので、そうした症状を改善したい場合は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。また、ビタミンEを同時に摂るとさらに血行を良くする効果があります。


胎児が母体内ですこやかに育っていくために、葉酸は毎日欠かさず摂らなければならない栄養素だという知識が定着したようですが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので必要な量の葉酸を摂るためには、食事だけでは毎日のことですから、けっこう大変でしょう。葉酸をどうやったら効率よく摂れるか、調理方法をぜひ学んで欲しいと思いますし、不足する量をサプリなどで補充するのも積極的に考えていきましょう。



たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。薬局やドラッグストアで買える胃腸薬や痛み止めについては問題になる事は少ないのですが、注意すべきはもともと医者から処方されていた持病の処方箋をそのまま服用する場合です。けれども、副作用のリスクは避けられませんから、処方箋はもちろん、市販薬であっても、妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが良いでしょう。



赤ちゃんの健やかな発育のために必要な栄養素だということで、葉酸を摂取する効果はずいぶん広まってきました。ただ、葉酸の摂取は妊娠に気づいたときでは遅いというような厳しい意見もあります。葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から葉酸を多く摂っておくことが順調な発育のために欠かせないからです。ですから、妊娠を考えたときから葉酸をしっかり摂取することが摂取による効果を考えると大事でしょう。