葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説はすっかり一般

葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説はすっかり一般的になりました。

赤ちゃんを健康に育てるためだけでなく、妊娠中の女性の健康を維持するためにも葉酸は役に立つのです。それでは、いつ必要になるのかとわからなくなってしまうかもしれません。

赤ちゃんが葉酸を一番必要とするのは妊娠直後です。それから、授乳中も葉酸は欠かせない栄養素であるため、出産後も多めに摂っていくようにしましょう。パッと見では何の関係もなさそうなのですが、実は妊娠と歯の健康とには重要な関連性があることが分かっています。日々の絶え間ない研究の成果により、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、リスク因子であることが明らかになったのです。

妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。妊活をしていて、かつ、しばらく歯科にかかっていないという方は出来るだけ早く、診てもらうことをおすすめします。



妊活とは何ぞや、というと、文字通りの意味で、妊娠するためにする、様々な活動を含めて使われる言葉です。言うまでもないことですが、夫婦の営みを持ったとしても必ず妊娠が成立するということはなく、子供が出来るといいなと考えている家庭においては、妊娠しやすくするための方法ということです。

加えて、元気な子供を授かるためのいろいろな対策のことも含んで使われます。妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。無事に妊娠初期を過ぎた頃にカルシウムの摂取が足りないのではないかと思い、牛乳を飲む量を、今までの倍にしました。自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、お腹の調子が悪くなってしまいました。妊娠後期には、今度は貧血と診断されて鉄剤を飲む羽目になりましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるようなマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。私も好きなのですが、妊活中でも、コーヒーのようにカフェインが入ったものが好きで、飲むことが多い人は気を付けましょう。コーヒーに含まれているカフェインというものは、体を冷やす作用があります。


体が冷えることによって血液循環が悪くなると、子供が出来る時に大事な役目を果たす子宮の機能も下がってしまいます。コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。


そろそろ赤ちゃんを、と考えているなら必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。



葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく過剰摂取にはなりにくいのですが、とても不足しやすい宿命を持つ栄養素でもあります。葉物野菜、例えばモロヘイヤやほうれん草はもちろんですが、果物やレバーなどにもたくさん含まれています。


その他の葉酸が多い食材も調べて、毎日食べるようにしてください。


少子化と同時に赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが現時点で我が国の医療ではまだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。

そういったことはよく分かっており、それでもなおチャレンジしたいのならば、後述の方法をやってみてください。



男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に性交渉を行えば有効なようです。

とりわけ妊活中は、出来るだけストレスを溜めこまないことが大事となってきます。


その考え方からいくと、入浴中のリラックスは大事ですが、体への負荷を少なくするということを考えた場合、熱い湯や長風呂は控えた方がいいでしょう。
熱というものは、実は体に負担をかけてしまうのです。

女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということは広く知られてきたことですが、実は妊娠初期だけでなく、出産に至るまで妊婦にとって葉酸は本当に必要な栄養素だといえます。出産まで、葉酸は胎児の発育を助けますし、お母さんの貧血や妊娠中毒症を防ぐこともできます。

無事に妊娠初期を乗り切った後も、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって多めに摂ることを心がけて欲しいのです。


たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。


薬局やドラッグストアで買える胃腸薬や痛み止めについては妊活中であっても服用に問題はありません。しかし、安易な服用が問題になるのは持病の治療のために医者から処方された薬を飲むことだそうです。けれども、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は医師、または、薬剤師に妊活中であることを伝えたうえで薬の服用の可否を相談するのが安全で安心な方法だと言えます。