葉酸は、妊娠初期に多く摂りたい栄

葉酸は、妊娠初期に多く摂りたい栄養素です。

葉酸を多く摂るのはいつまでか、という疑問が生じると思いますが、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。いろいろな事情でそれが難しければ、どんなに短くても妊娠中期までは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。葉酸は胎児の発育だけでなく母体にも重要な役割を果たす栄養素なので欠乏しないように摂取に努めて欲しいと思います。

第二子が欲しいとなんとなく思いながら妊娠しないまま3年の月日が経ったので自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、この際だから徹底的に検査を受けて、問題なしであれば妊活に入りましょうと夫と話し合って決めたのですが、思い出してみるとこの話し合いをしたことが妊活の引き金となりましたね。妊活中の喫煙は止めましょう。
よく言われているように、喫煙によって様々な悪影響が体に与えられ健康に問題が出て妊娠しにくくなるケースがあるのです。喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性も当てはまります。
女性に関して言えば排卵障害など、男性の場合は精巣の機能が落ちるといった事があるようです。こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。
赤ちゃんがお腹にいる女性なら、順調に赤ちゃんが育つようにするためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。
その名「葉」の通り、葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、果物にも案外豊富に含まれ、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。
葉酸の所要量は、妊娠中には普段のほぼ2倍となります。



どんな食材に多く含まれているかを知って、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。私は、妊娠がわかったすぐ後で葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。
飲むのは一日でも早いほうがいい、と病院では急がされましたが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは誰からも言われませんでしたね。

1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントは終了にしていました。

最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、今もサプリメントで葉酸を摂っています。ここ数年で、赤ちゃんができたら葉酸をしっかり摂らなければならないということがすっかり一般的になりました。

子供が健康に育つために必要なのはもちろん、妊娠中の女性の健康を維持するためにも葉酸は役に立つのです。どの時期に、葉酸が最も必要になるか聞かれるとなかなかわからないものです。
実のところ、妊娠直後に葉酸が最も多く使われるのです。

そして、授乳するときも意外と多くの葉酸が使われるので、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。果物と野菜の両方の特長を併せ持ったアボカドは実にクリーミーですが、葉酸というビタミンが豊富な食材です。

健康を保つ上で葉酸はいろいろと役に立っています。


鉄分とともに貧血防止に役立つ、また妊娠初期には胎児に効率よく栄養を行きわたらせ発育を順調に進めるなど、生まれる前から年をとるまで欠かせない栄養素です。


食材の中で、葉酸が多く含まれるものには、葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますがいくら葉酸をたくさん摂りたいといっても、葉酸の多い食材にこだわって食べるのも正直大変です。葉酸が多い食材をまとめて食べるためには、スムージーがオススメです。ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に味を調えるための果物と水分を入れるだけで、誰でも簡単に作って飲めるのです。これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方はけっこう見受けられます。

大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸内環境が良くないとどんなに栄養素を摂取しても吸収されず、十分に体内で働かなくなります。


葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって吸収され、体内で使われるため、葉酸を中心とした栄養素の効果を期待するのなら、腸内環境をきちんと整えることを常に気づかうのが賢明です。妊活を行っている時は体を温めるようなものを食べるようにしてください。
大根やゴボウ、人参のような土に埋まっている野菜には食べることで体を温める効果があり、お勧めです。それとは逆に、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの旬となる時期が主に夏の野菜です。


果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、温かい飲み物がよいと思います。